MATSUDA KOI FARM
松田養鯉場 
 TEL 0258-37-3722 FAX 0258-86-0011
   
HOME > 錦鯉品種紹介

錦鯉品種紹介

松田養鯉場で取り扱いしている代表的な品種の特徴を説明しています。
鑑賞・購入の際の参考にしてください。
なお、ここに掲載していない品種も取り扱いしておりますのでお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

紅白

紅白

紅白の特徴

錦鯉のうち、最も人気のある品種が「紅白」です。紅白は、白地の上に 緋斑があるだけの鯉で、赤と白を組み合わせた単純な品種ですが、その簡素さがかえって鑑賞上の奥行きを深くしている意味合いがあります。紅白の魅力を評して、鯉マニアたちをして「紅白に始まって、紅白に終わる」 と言わしめています。
販売中の紅白はこちら

大正三色

大正三色

大正三色の特徴

紅白に黒の斑紋が加わった鯉です。その昔「三毛」 と書いたことから、現在も通称「さんけ」と呼ばれていますが、文字では 「三色」と表記します。わかりやすく言えば、「白い地肌に緋斑と墨斑」 が載った赤・白・黒の3色の鯉が大正三色です。華麗さが身上の品種です。

販売中の大正三色はこちら

昭和三色

昭和三色

昭和三色の特徴

大正三色に比べて墨が多く、その逆に白地が少ないので、 豪快さ、豪華さが身上になります。 昭和三色は幼少期から5歳くらいまで変化の激しい品種ですが、それ以上の年齢になると、変化の仕方が落ち着いてきます。変化こそが昭和三色の最大の魅力です。

販売中の昭和三色はこちら

丹頂

丹頂

丹頂の特徴

丸い緋斑が頭部に1個だけある鯉をおしなべて「丹頂」と言います。丹頂の緋斑は、形が真ん丸で、目にかからない程度に大きいものが優良とされます。その丸い模様が日本の国旗に似ていることから海外でも人気が高まっています。
販売中の丹頂はこちら

白写り

白写りの特徴

写りもので最も人気の高い品種です。白写りは「墨の地体に白の斑紋」が入ったタイプで、ちょっと目には、昭和三色から緋を除いた鯉と見えます。鼻墨や頭の墨、胴墨や元黒が写りものの特徴です。

販売中の白写りはこちら

緋写り

緋写りの特徴

黄写りの黄の部分が赤くなったものを「緋写り」と言います。なお、鰭の先や下腹が白いものは、品評会では緋写りとして扱わず、緋昭和と見なします。緋と墨が漉くてきれいな緋写りは、生産量が少ないので、稀少価値があります。
販売中の緋写りはこちら

浅黄

浅黄

浅黄の特徴

体表が青色の鱗で覆われています。鱗の周辺は薄い色になっているので、全体がぼけて見えます。つまり、地肌が編み目のように見え、この色の薄い鱗の周囲を「覆輪」と呼んでいます。 幼魚の頃は派手さはありませんが、成長すると鱗の覆輪が大きくなり、見栄がします。
販売中の浅黄はこちら

赤松葉

赤松葉

赤松葉の特徴

浅黄の親戚です。単に松葉と言うときは褐色のタイプを指し、体色が赤色なら「赤松葉」、体色が黄色のタイプを「黄松葉」、体全体が光ったものを「赤松葉黄金」と呼んでいます。

販売中の赤松葉はこちら

秋水

秋翠

秋水の特徴

「秋水」は浅黄のドイツ種です。ドイツ鯉が初めて錦鯉と交配されて作出された品種です。澄みきった秋空の青色をほうふつとさせる鱗のない地肌に、鮮やかな緋斑がくっきり入ると、とても華麗に見える鯉です。

販売中の秋水はこちら

藍衣

藍衣

藍衣の特徴

紅白の緋斑の中に藍の網目模様が入る品種を「藍衣」と言います。藍衣は、かつて「五色浅黄」と呼ばれていた原種的な鯉に紅白を交配させて作出した品種です。網目が均一に濃く入って、緋色が濃いものほど優秀品です。
販売中の藍衣はこちら

葡萄衣

ブドウ衣

葡萄衣の特徴

緋盤がセピア色の衣系の鯉を「葡萄(ブドウ)衣」と言います。 最近は人気が高まってきています。



販売中の葡萄衣はこちら

九紋竜

九紋竜

九紋竜の特徴

烏鯉系の鯉にドイツ種を重ねて作出された品種で地肌は烏鯉と同じ漆黒のドイツ鯉です。頭部や背部のところどころが白くむけているので、白い斑紋が入っているかのようにも見えます。墨模様は、時期によって大きく変化することがあります。
販売中の九紋竜はこちら

紅九紋竜

紅九紋竜

紅九紋竜の特徴

九紋竜の墨の下に紅を持つ品種を「紅九紋竜」と言います。九紋竜とドイツ紅白を交配して作出した品種です。


販売中の紅九紋竜はこちら

茶鯉

茶鯉

茶鯉の特徴

茶鯉は変わりの一種です。比較的飼育しやすく、大きくなるやすい品種です。人に慣れやすいため、海外でも人気があります。固体ごとの色合いも薄めから濃い目があります。
販売中の茶鯉はこちら

空鯉

空鯉

空鯉の特徴

茶鯉の系統です。灰色に近い淡い空色の色合いによって、空鯉という呼び名がついています。


販売中の空鯉はこちら

山吹黄金

山吹黄金

山吹黄金の特徴

黄金に黄鯉を交配させて作出したもので、色合いは山吹色です。「山吹黄金」は品種として確立され、高水温でも黒ずみません。山吹色には白っぽいものから色の濃いものまでありますが、もちろん後者が喜ばれます。
販売中の山吹黄金はこちら

プラチナ

プラチナの特徴

冬のゲレンデをイメージさせるような白く、厚く、豪華な味わいを持つ品種です。比較的飼育しやすい品種の一つです。

販売中のプラチナはこちら

ダイヤプラチナ

ダイヤプラチナ

ダイヤプラチナの特徴

プラチナの地体に銀鱗をのせ、ダイヤモンドのような輝きの品種です。


販売中のダイヤプラチナはこちら

銀鱗茶鯉

銀鱗茶鯉

銀鱗茶鯉の特徴

茶鯉地に銀鱗がのった品種です。


販売中の銀鱗茶鯉はこちら

銀鱗空鯉

銀鱗空鯉

銀鱗空鯉の特徴

空鯉地に銀鱗がのった品種です。


販売中の銀鱗空鯉はこちら

銀鱗紅白

銀鱗紅白

銀鱗紅白の特徴

紅白地に銀鱗がのった品種です。紅白の繊細さに銀鱗が加わったことにより、よりいっそう華やかで非常に人気のある品種の一つです。
販売中の銀鱗紅白はこちら

銀鱗昭和三色

銀鱗昭和三色

銀鱗昭和三色の特徴

赤、白、黒の昭和地に銀鱗がのった品種です。昭和三色よりも、銀鱗がのっているために華やかさが増します。
販売中の銀鱗昭和三色はこちら

銀鱗大正三色

銀鱗大正三色

銀鱗大正三色の特徴

昭和三色と同様に、赤、白、黒、の大正三色に銀鱗がのり、華やかさが増します。
販売中の銀鱗大正三色はこちら

銀鱗白写り

銀鱗白写り

銀鱗白写りの特徴

墨の地体に白の斑紋が入った白写りに銀鱗がのったタイプです。
販売中の銀鱗白写りはこちら

孔雀黄金

孔雀黄金

孔雀黄金特徴

五色の光りものを「孔雀黄金」または「孔雀」と呼んでいます。やはり、よく光るものほど優秀な鯉です。人気が高いこともあって、最近は交配が盛んなようです。バラエティーに富んだ斑紋を持つ孔雀が、いろいろ出現しています。
販売中の孔雀黄金はこちら

銀松葉

銀松葉の特徴

銀色の体に松葉の網目が重なり、美しさを放つと同時に渋さも増します。



販売中の銀松葉はこちら  

金昭和

金昭和

金昭和の特徴

黄金系と昭和三色との交配による品種を「金昭和」と言います。金昭和の緋は紅色でなくオレンジがかったものが大半です。模様が良くて、墨と緋と光りの三拍子が揃えば、豪華で華麓な鯉になります。

販売中の金昭和はこちら

ドイツ紅白

ドイツ紅白

ドイツ紅白の特徴

ドイツ種の紅白を「ドイツ紅白」と言い、これも品種のひとつと見なされています。全日本錦鯉振興会による品評会では、ドイツ鯉は原則としてドイツ鯉の部で扱われます。

販売中のドイツ紅白はこちら

ドイツ三色

ドイツ三色の特徴

大正三色のドイツ種です。ドイツ種は斑紋がくっきりでているため、色彩がはっきりと鮮明に見ることができます。


販売中のドイツ大正三色はこちら

ドイツ昭和

ドイツ昭和の特徴

昭和三色とドイツ鯉を交配して作出した「ドイツ昭和」は、模様が変化しやすく、しかも消えやすい傾向があります。しかし、ツヤのある肌に、墨や緋が濃く入ると、和鯉には見られない艶やかな光沢を見せてくれます。
販売中のドイツ昭和三色はこちら

平成錦

平成錦

平成錦の特徴

大正三色の光りものは「大和錦」、大和錦のドイツ種は「平成錦」として固定されています。


販売中の平成錦はこちら

菊水

菊水

菊水の特徴

プラチナにドイツ紅白を交配させて作出した鯉です。したがって、斑紋が紅白のように上から載っていますが、模様が横腹についているオレンジ張分黄金も菊水と言っているので、両者は同じと考えていいでしょう。
販売中の菊水はこちら

こちらに掲載していない品種も取り扱いしておりますのでお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら